ヒカキンを描いた。おじさんは知らない 10代のカリスマ



今日はヒカキンを描いた。思った通りに描きやすかった。特徴があり過ぎて、似顔絵には大変ありがたい人。髪型、目の離れ具合、口もと、メガネ。恐ろしいほどに特徴を持っている。個性的な顔なので印象に残りやすいのも、ユーチューバーとしてプラスなんでしょうね。

テキスト部分は Procreate のモノラインというブラシを使って書いたのですが、なんだか描いたときの挙動が他と違った。描いてしばらくしてから追従してきて線がキレイになる感じ。これはうまく調整できたら、イラストの線もキレイになるかも。Illustrater ほどキレイなラインは目指さずに、うっすらとキレイになれば十分。まあ、今のままでも問題はないけど、ブラシの調整の検証はしておいたほうが良いかもしれない。

ヒカキンは 10代のカリスマに選ばれる位に子供たちの人気者なのに、親世代は本当に知らない。まあ、大人は忙しいですからね、残念なことに。大人が見ても面白いですよね、ヒカキン。変顔をするから、子供はそれだけで面白いみたいですね。しかも話が上手ですよね。人に嫌な印象を与えません。

イケメン俳優なんかは、実際よりも顔を細くするとイメージに近くなるのですが、ヒカキンは逆に実際よりも顔を太く描くと近づきましたね。似顔絵は奥深いです。目は明らかに離れているので、実際よりもはるかに離したほうが良さそうです。
似顔絵の初心者にも向いているほど特徴的な顔です。素晴らしいです。