ドナルド・トランプを描いた。外国人は馴染みがないので難しい


今日はドナルドトランプです。日本に来日しているので。大統領に就任する前は日本のことをめちゃくちゃ言っていたのに、いつの間にか日本のことを良く言ってくれるようになってきたのは、安倍さんの外交努力でしょう。共通の敵がいるからというのもあるのかもしれません。
どうにか似せることができたかな。やはり、記号的に顔のパーツを捕らえることは重要です。トランプだと、髪の毛がハネているところが大事かもしれません。
外国人は馴染みがないので、絵の品質が低くなってしまいました。もう少し外国人も描いていく必要がありそうです。
製図ペンの太さを40%にして全体的に描きましたが、やっぱり太すぎました。標準のままか、ほんの少しだけ太くするくらいで良いのかも。線が太すぎると、どこに線が走っているのか分かりにくく、バタくさいというか雑な印象になります。あと、Procreate だと筆圧を拾いすぎるのかな。やはり、ブラシの調整をいじるべきですね。どこかでしっかりと時間をとって習熟したいと思ってます。